忍者ブログ

GLAYの名曲について

●「都忘れ」と「つづれ織り」

GLAYの名曲に「都忘れ」と「つづれ織り~so far and yet so close~」という曲がありますけど、たまにこの二つがごっちゃになります。ファンには激怒されそうですけど、たまに混同するんですよね。

もちろん楽曲を聞けばわかりますけど、なんかタイトルを間違っちゃうんですよね。一応15年以上ファンをやっているのですが……。

「降り積もる思い出より~」ってのがつづれ織りで、「誰にも見せない願い事を」ってのが都忘れですよね。なんで混同してしまうんだろう?

●GLAYの「春を愛する人」が名曲過ぎる件

隠れ名曲というよりもはやファン以外からの認知度も高い(と思われる)定番曲となっているGLAYの「春を愛する人」。私は音楽的な教養がないので詳しいことはわかりませんが、メロディーが耳に心地よいですし、春だけじゃなくて四季の移ろいを見事に表現している歌詞も綺麗で大好きです。

最近GLAY熱が再燃しているので、定期的にこの曲を聞いている状態です。半ば中毒ですね。イヤホンで聴きまくっているので、ちょっと耳が痛くなってきますけどw

どうやら一過性のブームとしてしかGLAYを捉えていない人は、あまりこういうアルバム曲を聞かないみたいなので、機会があればぜひ一度聞いてみてください。感動しますよ。


PR